スポンサーリンク

【ジェミニ】イベントキャラのみで真・レイドボスに挑んでみた結果

スポンサーリンク

各属性イベントキャラのみでパーティーを組めるようになってきました。そこで、イベントキャラだけでどこまでやれるとかというのを試してみたくなったので、今回は真・レイドボス6体に挑んできました。

何も考えずにやってみた結果

ということで、まずは一番弱い桃花のガルーダへ行ってきました。

実装されて1年も経つし、その間に神殿レベルも上がって、こっちも強くなったので正直な所余裕だと考えていました。

その結果・・・。

3RP使って半分しか減らせませんでした!料理もないし装飾品もいい加減だったとは言え完全に侮っていました。さて、どうしたものかと考えたところ、とりあえず装飾品を整えることにしました。

下準備をする

まずは、URに付けている白金装備やデバイスなどを剥がして付けることにしました。白金系が足りない部位には金を付けます。

イベントキャラの利点は装飾品枠が最大まで拡張されているということです。ステータスの低さを装飾品次第で補えるということですね。髪飾りも忘れずに付けます。ビーチパラソルが初期バーストゲージ+5の効果があるので強いです。

あとは料理ですが、攻撃力かバーストゲージかを悩んだ結果、バーストゲージにすることに決めました。理由としては何回かやってみたところ、有利属性パーティー以外は8ターン生き延びることが難しかったのです。バーストも撃つ前にやられることも多々ありました。

料理はバーストゲージアップのものを選択

ジェミニシードはバーストゲーなのでバーストを撃たないと始まりません。そのため、バーストゲージアップの料理を選ぶことにしました。それで選んだ料理はと言いますと『ワサビマヨネーズ和え』です。この料理は初期バーストゲージを20アップする効果があります。『からあげ定食』という手もあったのですが、あれは最終手段です。

これで下準備は完了しました。

倒してきました

下準備以外の基本的なことは、ガーディアンはURを使っています。RPは『3』でバトル中はリンクオートです。陣形はどのパーティーも『衡軛の陣・改』を使用しました。あとは真・レイドボスに対して不利となる属性は入れません。

それでは、順番に見ていきます。

真・蒼炎のイフリート

6体の中でイフリートが一番キツかったです。リトライも20回近くやりました。何がキツかったのかと言うと攻撃力が高いので全部ですね。スタンもありますし・・・。バースト後の3人スタンもさることながら、99ターンスタンが一番嫌でした。

そこで役に立ったのが、温泉ロレッタのブレスメダル効果の気絶の加護です。オートでやっているので、タイミングよく発動するのは難しいのですけれど、ハマればバースト後のスタンも1人に抑えられました。

真・桃花のガルーダ

ガルーダは一番弱かったです。編成を見ると分かりますが、弱点属性となる土パーティーが入っています。これは風パーティーと入れ替えるのをし忘れてしまったのですけれど、なんとこれで勝ててしまいました。

ガルーダの気を付けるべき点は早いバーストだけでした。バーストを撃つ度に攻撃力が上がり、それが3段階目まであります。3段階目を撃つと1段階目に戻るという仕組みなのですが、3段階目で全滅するといい具合に次のパーティーへパスすることができます。逆にこれが崩れると厳しかったですね。

真・滅紫のゴリアテ

ゴリアテもガルーダほどではありませんが簡単でしたね。料理も船盛でいけてしまいましたし、脅威だったのはバフが乗っている状態でのバーストだけでした。

それ以外のものは特にありません。弱かったです(笑)

真・銀灰のケートス

ケートスはイフリートと同じくらい強敵でした。全滅することは少なかったですが、オートだと削りきるのが難しかったです。

やはりキツかったのはバースト後のダメージカット100%です。これにこちらのバーストが吸われることが多々ありました。バーストゲージダウンもいい所で使われるところが多く、これがダメージカットに吸われる要因にもなりました。

また、毒も地味に厄介で、バーストゲージが貯まったと思いきやスリップダメージでやられることもあり、苦しいバトルを強いられました。

真・黒鎧のギルタブリル

ギルタブリルはあっさり勝ててしまったので、正直印象に残っていません。強いか弱いかと言われたら弱い部類でした。攻撃も全然耐えられるレベルで、怖いのはバフが乗った時のバーストだけでしたね。バーストゲージの本数の違いはありますが、本質的にはゴリアテと同じでした。

真・月白のデュラハン

デュラハンもタフな相手でした。キツかったのはバーストの追加効果である2回有効の回避です。ケートスほどではないですが、2回分の行動が損になるのでダメージが思うように伸ばせませんでした。

バーストゲージアップも多用してくるため、バーストの回転も早く、こちらのバーストタイミングと被らないよう運も重要でしたね。

属性別イベントキャラ評価

ここからはイベントキャラのみで組んだパーティーを評価や感想を書いていきます。さらには好感触であったキャラについても紹介していきます。

ただし、好感触と言ってもイベントキャラの中でという意味になります。装飾品枠の数やバーストレベルの条件が同じであれば、普通にガチャ産SSRに分があります。

火属性

アタッカー、バッファー、ヒーラー全て揃っていて使いやすい属性でした。青焔のフェニックスのガーディアンバーストの効果もあり、6属性の中で一番安定していました。

ケイティ、カミラ、テッサ【水着】

3人ともバーストが特大ダメージのキャラです。ケイティだけ条件がありますが、隊列の先頭に配置すればオートでも問題ありません。各キャラ、テクニックメダルも2枚以上持っているのでバーストも早かったです。

また、テッサのテクニックメダルには攻撃力ダウンのデバフ効果もあります。HPの低いイベントキャラのみで編成を組むので凄く役に立ちました。

リュネ

ヒーラーの1人です。バーストが遅いのですが、その遅さが逆に機能しました。青焔のフェニックス、ラミラに次ぐ第3のヒーラーとして、いいタイミングでバーストを発動してくれることが多かったです。

ラミラ

もう1人のヒーラーです。バーストの全体大回復、ブレスメダルの列回復とヒーラーとして優秀でした。欠点を上げるとテクニックメダルで属性を変化させてしまうことでした。

風属性

風属性はヒーラーと呼べるキャラがいなかったのでスピード勝負の属性でした。そのカギとなったのがガーディアンの桃花のガルーダです。

ガーディアンバーストでバーストゲージを増やせるので3ターン目までには全員バーストが撃てる状態になりました。撃ち終わったら、あとはどれだけ粘れるかという感じでした。

趙雲

バーストに特大ダメージを持ったアタッカーキャラです。自身のバフ効果が乗った状態でバーストを撃った時のダメージはなかなかのものでした。

行動順が1番目のときに発動する効果が多いので、先頭に配置するのが安定です。

チェルシー

一応、列回復のできるブレスメダルを3枚持っているので、ヒーラーとして使えなくも有りませんでした。ですが、本命はスタン効果のあるバーストなので回復はオマケですね。回復面で期待のできない風属性にとって1ターン稼げるのは大きかったです。

ハイータ

このキャラもバーストが特大ダメージのキャラです。防御無視効果のあるテクニックメダルを3枚持っているため、ダメージも安定しました。バーストを2回撃てることもあったので重宝しました。

実はこのキャラは今回初めて使ったのですが、動きやボイスが面白かったですね。これは思わぬ見つけものでした。

土属性

土属性のイベントキャラはアタッカーだらけの厳しかったですね。風属性みたいにガーディアンでバーストゲージを上げられもしないので、我慢のいる属性でした。

エミリア

これと言って強い部分はなかったのですが、自身にガッツ付与のできるバーストに加え、列回復や攻撃力デバフと地味に役立ちました。そのおかげで、最後まで生きていることが多かったです。

イヨ【水着】

アタッカーの多い土属性の中で一番活躍しました。他のアタッカーと違いバーストゲージアップの効果があるテクニックメダルを持っていることが大きかったですね。

しかし、水上スキーを履きながら戦うスタイルはカッコ悪かったです(笑)

水属性

水属性は白金装備が少なかったこともあるのでしょうが、これといって印象に残るキャラはいませんでしたね。そのため、ギルタブリルとデュラハンでは水属性は入れませんでした。

ちなみにミシェルの睡眠効果のあるバーストは強いのですが、オートでやるには相性が悪いので外していました。サブヒーラーとして使える面もあるのですが、アタッカーを入れた方が総合的にダメージを稼げました。

光属性

火属性以上に安定した属性です。しかし、アタッカーキャラが少ないので攻撃面では劣りました。それでも有用なイベントキャラは光属性が一番多かったですね。

エルネスタ

個人的に最強のイベントキャラヒーラーです。今回も何回も助けられましたし、言うことなしです!

セシル【1周年】

アタッカーの少ない光属性の中でダメージソースとして活躍してくれました。10%と少ないですが、ダメージカットもあるので守りの方でも頑張っていました。セシルがいなかったら水属性のほうが強いまでありましたね。

リツ

ポジション的にはサブヒーラーです。バーストは全体中回復と少ないのですけれど、早いのでエルネスタをうまくサポートしてくれました。

アシュリン【Xmas】

ヒーラーキャラではありますが、1500くらいしか回復しないリジェネしか持っていないためヒーラーとしての運用は禁物です。彼女の運用目的は全体バーストゲージアップのテクニックメダルと魅了効果のあるバーストですね。

特にバーストは実質スタンと同じなので1ターン時間を稼げるのが大きかったです。

オルレア【2周年】

オルレアのバーストの味方全体に回避付与の効果は真・レイドボスには凄く有効でした。しかし、効果が1ターンしか続かないのでアシュリンのバーストと同一ターンに発動し無意味になることも多かったです。

闇属性

闇属性も安定した属性の1つでした。強いアタッカーもいましたし火属性と光属性を足して2で割ったポジションですね。

リゼット

サブヒーラーポジションで、使い方はそのまんまリュネといった感じすね。バーストゲージの貯まりが遅いのも同じで、それが逆にいいタイミングでのバーストになりました。

エメラダ【アイドル】

エルネスタに匹敵するイベントキャラヒーラーです。細かい部分はエルネスタとは異なりますが、運用方法は同じですね。全く文句のないキャラで普通に強かったです。

ツバキ

アタッカーキャラです。防御力ダウン状態の敵にバーストを撃つと特大ダメージになるのですが、自分でその効果を付与できるのでリンクなしでも高ダメージを出せました。

最後に

なんとか6体全部の撃破に成功しました。装飾品と料理の効果は偉大でしたね。意外な発見もあったので面白かったです。

今後もこのようなことをやるかもしれないので、白金装備は全員分揃えたいところです。そのためにも早く制作ラインの拡張が来てほしいですね。それと、今後どんな性能のイベントキャラが実装されるのかも楽しみになってきました。

コメント

  1. こういう試みは、凄く好き!
    挑戦お疲れ様です。撃破おめです!!

  2. >>1
    コメントありがとうございます

    やってても面白かったので、機会があればまたやりたいですね


タイトルとURLをコピーしました